7/29~ プチ断食日記をスタート! 毎日更新中!

健康効果盛りだくさん!? やらない手はないプチ断食のメリットまとめ!【ダイエット】

こんにちは。たなか(@tanaka_ricecake)です。

今回はプチ断食の健康効果についてメリット・デメリットをまとめてみようと思います。

過去に21日間の本格断食(水とサプリのみ)をしたことがあるわたしですが、当時体感としてもかなりメリットを感じました。

とはいえ本格断食はメリットと同時にデメリットもチラホラなので、断食のメリットのみを要領よく享受するために効果的なのがプチ断食です。

たくさんの健康効果が証明されているので、ぜひ参考にしてみてください。

プチ断食による減量効果

ダイエットでスリムに

 

イリノイ大学の研究チームによる論文では、1日8時間以内に食事を完了するリーンゲインズを実施することで以下の効果があるとしています。

 

今回の絶食法の方が摂取カロリーがより少なく、体重が減り、血圧も低下したことを発見した。

平均して350kcal少なく食べ、平均体重減少量は初期体重の3%であり、最高血圧が7mmHg低下した。

 

プチ断食の特徴として、食欲を抑制する効果が高いとされています。

空腹感などに苦しまず継続しやすいことが、ダイエットに非常に有効です。

食欲のせいで減量がうまくいかない!という方にはかなり効果的かと思います。

 

プチ断食は血液をサラサラにしてくれる

 

ヒトは食べすぎると食後から30分以内に、血液中の糖や中性脂肪が増加します。

胃や腸で消化しきれなかった中間代謝物や不消化物が血液中に蓄積されてしまいます。

プチ断食は上記の改善に高い効果を発揮します。

こちらの論文では以下の効果があるとされています。

  • 中性脂肪が低下
  • 血糖値が低下
  • LDLコレステロールが低下

血液の状態を改善することで循環機能が正常化します。

 

プチ断食でアンチエイジング

走る

 

杏林予防医学研究所所長の山田豊文氏は以下のように説明しています。

 

体内酵素には、消化酵素、代謝酵素の2種類がありますが、現代人の食生活では、体内酵素の多くを消化酵素に使ってしまい、代謝酵素が充分に働いていないことが多い。

そうした状態が続くと、体調が悪くなったり、老化が進んだりしてしまうので、プチ断食で食事を休み、胃腸など臓器の負担を減らすことで代謝酵素の働きを高めると、

ダイエットや便秘解消、デトックス、アンチエイジングなど、体に良い効果を得ることができるのです。

引用元はこちら

 

プチ断食で内臓の負担が減り、代謝に多くのリソースを割けるようになります。

そうなることで、代謝が活発化し細胞のリサイクルが促され、デトックスやアンチエイジングに繋がります。

 

先述した血液状態の改善もそうですが、プチ断食で不要な代謝物や老廃物を断食で取り除くことができます。

後述しますが、肌ツヤも良くなることから見た目は若々しく綺麗になっていきます。

 

プチ断食で美肌効果

 

アンチエイジングにも関連しますが、老廃物の滞留を防ぐことで肌ツヤの改善に繋がります。

また断食により、腸内環境が改善されることも美肌効果に一役かっているとのことです。

こちらの論文では、プチ断食をしたマウスの肌について以下の効果があるとしています。

  • 肌のコラーゲン量増加
  • 肌の保湿機能の向上
  • 肌の自然治癒力の向上

 

食べ過ぎでニキビが増えた!なんてのは誰しも経験したことあるかと思いますが、逆を行うことで消化に使うエネルギーを肌改善に回せるということですね。

 

プチ断食でメンタル改善

 

2013年の実験で、32名の男性が12週間プチ断食をしたところ、緊張感や怒りといったネガティブな感情が減って活力やポジティブな感情が増えたという研究もあります。

 

一説には食欲が抑制されることで『食べたいのに食べられない』といった食欲起因のストレスがなくなることで、イライラしたり怒りっぽい感じがなくなったりするそうです。

また、プチ断食によって分泌されるグレリンというホルモンが、メンタル改善に効果があります。

特にダイエット中にストレスを感じてしまうタイプの方は、プチ断食が効果的かと思われます。

 

プチ断食で睡眠改善

眠る猫

 

上記に関連して、ストレスの低下により睡眠が改善される効果があります。

また、プチ断食によって日中の消化エネルギー消費が削減されるので、消化器官が正常に休むことができ、短い時間で質の高い睡眠をとれるようになります。

こちらの論文ではプチ断食によって、夜中に目を覚ましてしまう回数が減少した(良質な睡眠がとれた)という研究データを紹介しています。

プチ断食で体内の炎症が治まることも、睡眠改善に効果をもたらしているとされています。

 

プチ断食で頭が良くなる

高速タイピング

 

2014年のマウス実験では、プチ断食をしたマウスは以下のデータが出ています。

  • 記憶力が向上
  • 学習能力が向上

 

プチ断食により体内の炎症が改善されたことが、脳の認知機能改善に効果をもたらしたのではと考えられています。

先述した血液状態の改善や、睡眠の質を高める効果も相まって、プチ断食は脳に良い影響を与えてくれるようです。

 

プチ断食で腸内環境の改善

 

プチ断食は腸内環境の改善にも役立ちます。

プチ断食を行うと消化・吸収・排泄という生命活動のうち、「排泄」にリソースの多くを割くことができるため、腸内の不要な老廃物や毒を排出することができます。

 

またプチ断食により体内に「モチリン」「グレリン」というホルモンが出てきますが、これらは消化器官を整えてくれるホルモンで、腸内環境の改善に効果的です。

下痢や腹痛などで頻繁に悩まれている方は、プチ断食で状態が改善する可能性が高いです。

 

プチ断食による健康効果・メリット まとめ

今回はプチ断食による健康効果をまとめてご紹介してみました。

 

現代は飽食時代で、美味しい食べ物を簡単に好きなだけ食べることができます。

それらは本来ヒトが持っている食欲や消化プロセスに影響を与えて、食べ過ぎてしまったり、身体に悪影響を与えてしまうことがあります。

プチ断食をきっかけに、普段の自分の食べ方を見つめ直してみることでたくさんの気づきがありそうですね。

良い効果がたくさん証明されているので、気になった方はぜひ試してみてください。

 

わたし自身リーンゲインズ(8時間ダイエット)によるプチ断食生活をブログで更新中です。

【実験】時間とお金と健康を手に入れるべく、1週間プチ断食してみます【リーンゲインズ】

良かったら参考にしてみてください。

今回はここまで。

関連記事

【プチ断食1日目】昼の眠気がなくなり、生産性が向上しました【リーンゲインズ】

 

参考サイト

https://yuchrszk.blogspot.com/2016/08/11.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です