【Mac】zsh: command not found: npm でコマンドが通らない時の対処法

apple-logo

久々にWeb開発をやってるのですが、いつの間にかnpmコマンドが通らなくなっていることに気がつきました。

zsh: command not found: npm

 

【node.js】macOSをアップグレード後にnpmコマンドがzsh:command not found npmのエラーを吐いて打てなくなった時の対処法

↑の参考記事によると

mojaveまではデフォルトシェルがbashだったのですが、catalinaからはzshがデフォルトに変わるみたいです。

ということでMacOSのアップデートに起因するものらしい。

そうなんだ……とっくにBigSurにアップデートしていた田中。長らくWeb開発の現場を離れていたので気が付きませんでした。

解決方法

以下のステップを順に行います。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

% /usr/bin/ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”
Warning: The Ruby Homebrew installer is now deprecated and has been rewritten in
Bash. Please migrate to the following command:
/bin/bash -c “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)”

==> Checking for `sudo` access (which may request your password).
Password: ここにMacのパスワードを入力

==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/share/doc/homebrew
/usr/local/share/man/man1/brew.1
/usr/local/share/zsh/site-functions/_brew
/usr/local/etc/bash_completion.d/brew
/usr/local/Homebrew

Press RETURN to continue or any other key to abort
↑何らかのキーを押して続行

brew install nodebrew

🍺 /usr/local/Cellar/nodebrew/1.1.0: 8 files, 39KB

↑ビールマークが出たら成功。
一応 nodebrew -v を叩いてインストールできてるか確認しておきましょう。

nodebrew install stable

nodebrewの安定版をインストール。

インストールするバージョンはお好みでOKで、例えば

  • nodebrew install latest => 最新版をインストール
  • nodebrew install v〇〇.XX.□ => 指定したバージョンをインストール
  • nodebrew ls-remote => インストール可能なバージョンを一覧表示

この辺のコマンドが役に立ちそうです。

インストール実行後、

nodebrew ls で該当のバージョンが表示されているのを確認し、

nodebrew use v16.11.1 (該当のバージョン番号を入力) とすると、currentが該当バージョンに切り替わります。

4

echo "export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH" >> ~/.zprofile

従来は .bash_profile にパスを通していましたが、catalina以降は .zprofile にパスを通す必要があるそうです。

5

ターミナルを再起動後 node -v を実行し、該当バージョンが確認できればOK。

npm -vなどで確認すると無事に npmコマンドが実行できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です