7/29~ プチ断食日記をスタート! 毎日更新中!

日本一周の定義って?何を持って『日本一周』かを考える【旅の経験談あり】

日本の風景

おはようございます。たなかです。

わたしは22歳の夏頃に、原動機付き自転車で日本一周していました。

 

日本一周した僕が、旅中の装備・持ち物を解説する①【乗り物・電気系統編】

 

今回は私の日本一周旅行のざっくりした内容をまとめつつ、私なりの「何をもって日本一周か」を考察していきたいなと思います。

 

日本一周に興味があり、これから出発を考えている方への参考になれば幸いです。

 

日本一周の定義とは

 

さっそく本題ですが日本一周の定義とは以下の通りです。

 

日本一周とは、日本各地を巡り、日本をひとまわりすることである。

Wikipadiaより引用

 

短いですが、今回はここまで。お疲れ様でした。

 

 

……としても良いのですが、それでは寂しいので

私の日本一周と、旅中に知り合った旅行者たちを具体例にもう少し考えてみます。

わたしの日本一周の概要

日本の風景

きっかけ

 

もともと「死ぬまでにやりたいことリスト」の中の一項目としてありました。

「いつかはやるんだろうなー」と漠然と考えていましたが、大学4年の夏、就職活動の終了をきっかけに出発しました。

 

Bucket List(死ぬまでにやることリスト)

 

コンセプト


コンセプトというと大袈裟ですが、ざっくりした目標みたいのはふわっと考えていました。下記です。

 

・47都道府県、全てを通過する。

・可能な限りお金を使わない。

・旅中起こるすべてのことを、全力で楽しむ。

 

上記を考慮して、もっともコスパ良く移動できる手段を検討した結果、50ccの原付バイクを交通手段に決めました。

 

宿泊はキャンプ場などでテントを用いた野宿を実施。

 

この旅までキャンプ経験はゼロでしたが、徐々に経験値を積み上げ、自身の掲げた目標通りの結果を手にすることが出来ました。

 

期間

 

2016年の7月中旬~9月上旬までの約2か月間でした。

計画、道具の調達などの事前準備が2週間ほどあったので、それを含めると全体では2カ月強~3カ月 でした。

 

距離

 

約10000kmでした。

上記はバイクの走行距離メーターの計算になります。

 

例えば沖縄へは原付を鹿児島に残しフェリーで単身向かったので、実際はもっとあちこち移動しています。

 

わたしが考える日本一周

マリア観音像

 

わたしの日本一周の概要をざっくりと紹介してまいりました。

 

コンセプトにも書いたように、出発する前からずっとわたしは日本一周を「47都道府県踏破」と定義していました。

理由としては以下の通りです。

 

・Wikiの例の中で最も制覇感があり、しっくり来たから

・内陸を通らないのはもったいないと思ったから

・日本一周後「どの県が一番良かった」と答えたかった

 

単純に『全部回ったら間違いないな』と思ったんですよね。

全都道府県走り終わった頃には、達成感があるだろうと考えて設定しました。

 

ほかの日本一周の例

ルート

 

調べると以下のような例がすぐに挙がってきます。

日本の外周(海岸線沿い)を一周すること

日本全ての都道府県(47都道府県)を踏破すること

全国各地にある、特定の事象をすべてめぐること(全ての道の駅を回る、スタンプラリーを行う、など)

 

海岸線を一周

 

日本は島国なので、海岸線に沿って走っていけば当然一周できます。

 

しかし、この方法だと内陸部の海に面していない8県は対象からは外れることになります。以下です。

 

  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 滋賀県
  • 奈良県

 

日本一周中に上記の県も寄りたい場合は、ルートの検討が必要になりそうです。

 

最端点を目指して移動する

 

日本の一番端を目標に移動するタイプの日本一周です。

日本の自由に到達できる東西南北の最端点は以下の通りです。

 

最北端 宗谷岬 北海道稚内市 北緯45度31分22秒 東経141度56分12秒
最南端 波照間島 沖縄県八重山郡竹富町 北緯24度2分59.3秒 東経123度48分18.2秒
最東端 納沙布岬 北海道根室市 北緯43度23分6.2秒 東経145度48分58.6秒
最西端 与那国島 沖縄県八重山郡与那国町 北緯24度26分58秒 東経122度56分01秒

 

日本の最果てを見に行く旅、ロマン溢れますね。

離島を含むと迂闊に立ち入れない場所もあったりするので注意です。

 

日本一周中に出会ったほかの日本一周者たち

 

実際にわたしが旅行中出会った日本一周者の方々を箇条書きしてみます。

 

・ヒッチハイクで地元を目指して日本一周

・一輪車に乗り、走行可能な道を選びながら日本一周

・キャンピングカーに乗り、全国で釣りをしながら何周もする

・ルートは適当で、バイクでフラフラ走りながら大体10000km日本一周

・桜前線と一緒に北上して、終わりとともに南下する往復日本一周

 

こうして並べてもワクワクするようなコンセプトばかり。

一口に「日本一周」といっても、人によって本当バラバラということがわかります。

 

「あなた」の日本一周を見つけよう

 

ということで実例も交えながらダラダラと書いてきましたが、ぶっちゃけます。

 

日本一周は「言ったもん勝ち」 です。 

 

もっと言うと「行ったもん勝ち」です。

 

明確な定義がない以上、どんな周り方であれそれがあなたの「日本一周」になります。

 

適当な内容なら人に話したときに「それって日本一周か…?」って顔されるかもですが、旅する当人が納得して満足していれば間違いありません。

 

わたしの場合で言えば、全ての都道府県を移動して、可能な限り色んな人とお話しながらその土地土地を巡りたいなという目的があったので、そういった内容で旅してました。

地元の人におすすめスポットやグルメを聞いたり、逆にこっちが旅の内容を聞かれたり、本当に本当に人生が変わるほど楽しい経験でした。

 

 

あえて言うことでもありませんが、旅は自由なものです

 

一切の責任をその身で受け止める代わりに、全て自分の自由に行動できます。

どこを、どうやって、どんな旅をするか。

そこを調べたり固めたりするだけでも楽しいですし、旅全体がとても有意義になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

今回はここまで。お疲れ様でした。

 

関連記事

 

日本一周した僕が、旅中の装備・持ち物を解説する①【乗り物・電気系統編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です