拡張機能『VSNotes』は日々の作業ログを記録するのに最高です【Visual Studio Code】

vscode

こんにちは。たなか(@tanaka_ricecake)です。

先日以下のようなツイートをしました。

https://twitter.com/tanaka_ricecake/status/1143131244563030016?s=20

Visual Studio Codeの拡張機能『VSNotes』で1日の作業ログを書き始めたのですが、かなり良いですね

・超動作軽い
・タグ管理可能
・Markdownで書ける
・VSCodeのショートカットが使える
・コード書く => ログに残すが効率的に可能

他のノート・メモアプリも試しましたが、VSNotesが今のところ最強です

エンジニアの先輩がデイリーログをとっているのを見て、まずは真似してみようと思いました。

いくつかノートアプリ・メモアプリを試した中でVisual Studio Codeの拡張機能『VSNotes』が一番しっくり来たのでご紹介します。

VSNotesは日々の作業ログを記録するのに最高

プログラミング

拡張機能ですぐ使えます(ログイン不要)

Visual Studio Codeの拡張機能追加で[vonotes]と検索。

インストールするのみで誰でも今すぐ使用できます。

面倒なアカウント作成やログイン処理など不要です。

インストール後、⌘ + ⇧ + pでコマンドパレットを起動し、create vs noteですぐノートを作成できます。

Meakdownで書けます

エンジニアには嬉しいマークダウンが利用可能です。

Visual Studio Codeのプレビュー機能で即時反映したものを確認しながらノート作成できます。

基本的なマークダウン記法は対応してくれているので、クローズドなメモで利用するには十分かなと思います。

Visual Studio Codeのプレビュー機能を使っているのでプレビュー幅もノート側も自由に幅調整できます。

VSCodeのショートカットが使えます

ここが一番嬉しいところで、Visual Studio Codeのショートカットが利用できます。

Visual Studio Codeで書いているので当然ですが、これマジで便利です。

簡単ですがよく使うコマンドを紹介します。

・⌘ + ⇧ + ↓キー (行を下に複製)

・⌘ + d  (指定テキストを複数選択)

・⌘ + alt + ↓キー (カーソルを下に拡張)

VSCodeを利用している方は普段のコーディングで利用している便利コマンドをそのまま流用して爆速でノートを書くことができます。

これはまさにテキストエディタの強みではないでしょうか。

手軽にGit管理できます

GitHub-logo

Visual Studio Codeのgit連携機能と組み合わせて、GUIでリモートリポジトリにプッシュすることができます。

もちろんローカルだけで管理していても良いですが、定期的にリモートにプッシュすることでバックアップにもなります。

一度リモートリポジトリを指定してやれば、あとはGUIでポチポチするだけで簡単にリモートにプッシュできるのでオススメです。

https://tanarizm.com/vsnotes_git

こちらの記事でVSNoteをリモートにプッシュするまでの流れを解説しています。

よければ参考にしてみてください。

まとめ

vscode

VSNotesについてのご紹介でした。

もちろんデイリーログ以外にも備忘録、ネタ帳、コードメモなど、今までノートアプリで行なっていたことが可能になります。

強いて言うなら画像を貼っておけないのが残念ですが、クローズドなメモであれば十分すぎる機能性かなと思います。

メモアプリやノートアプリはどれも一長一短で、どれを使おうか悩んでしまいますね。

わたし自身も様々なノートアプリを使ってきましたが、今のところVSNotesが一番フィットしているかなと思います。

しばらく利用してみて、気づいたことがあればまた追記していこうと思います。

気になった方はぜひ導入してみてください。オススメです。

今回はここまで。

関連記事

https://tanarizm.com/vsnotes_git

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です