珪藻土マットを買いました【捗ります】

こんにちは。たなか(@tanaka_ricecake)です。

先日一人暮らしを始めまして、絶賛家具揃え中です。

バスマットが無くて風呂上がりに足元濡れちゃって嫌だったので、『珪藻土マット』を買ってきました。

珪藻土マットを買いました

じゃん。こちらが今回購入した珪藻土バスマット(グレー)。

ドンキホーテで約900円で購入しました。

珪藻土マットは実家でも使用しているのですが、それは2~3000円で買った記憶なのでコスパのいい買い物ができた気がしています。

 

開封。箱を空けたらさっそくマット。

ほかは手入れ用の紙やすりが付いているのみのシンプル内容です。

表面がちょっと粉っぽかったので、さっと水拭きしました。

風呂上がりの足の裏に粉ついたらいやですもんね。

水拭き後、実際に置いてみるとこんな感じ。

サイズは縦39cm 横60cm 厚み0.9cm。

普通にバスマットくらいの大きさなので、邪魔になることもなさそうです。

 

珪藻土マット とは

たなか

珪藻土って、そもそも何なの?

といった方のために簡単に説明すると、建材などに使われる土の一種です。

特徴として「湿度を調節する」「消臭・脱臭」といった効果を持っており、その珪藻土を利用して作られたバスマットが珪藻土マットになります。

他にも火に強いことから七輪に使われたり、高い吸水性を持つことでコースターなどにも利用されています。

 

普通のバスマットよりメリットがあるの?

珪藻土マットには、繊維と違い菌・カビの発生する場所がありません。

布製のバスマットような繊維毛がないのでダニなどの生息する場所もないです。

つまり物理的に抗菌・防菌されるものでとても衛生的です。

先述した通り「湿度を調整する」効果があるため、吸収した水分を自然に放出し、表面の乾燥が保たれます。

珪藻土マット 感想・レビュー

珪藻土マットイラスト

風呂上がりにマットを踏み締めた瞬間、足の裏の水分が全部吸収されてしまいますマジで。

ずっと乗ってたら人は干からびてしまうのでは?と思うくらいの吸水性。しかも抗菌で洗う必要もなし。

吸水力が落ちてきたかもと思ったら付属の紙やすりで表面をさっと削ってやり・数時間外で乾燥させるなどすると復活します。

風呂上がり、足元のフローリングがビシャビシャになりがちな人は、そのストレスから完全に解放されるのでおすすめです。

布製のバスマットを何度も洗って交換するより、値段も時間もコスパよいですし捗りますね。

珪藻土マットを買いました まとめ

ということで今回は購入した珪藻土マットのレビュー記事でした。

以前に比べて、全体的に価格も安くなっているみたいですね。

Amazonでも1000円〜くらいで販売しているみたいなので、ご興味ある方はぜひ試してみてください。

コースターとかもあるので、テーブルに水滴が残るの嫌だなあという方にはそちらもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です