【ダイエット】すき家の鉄火丼は減量に最適です【低脂質・高タンパク】

こんにちは。たなか(@tanaka_ricecake)です。

夏ですね。みなさん減量してますか?

ダイエットの基本は高タンパク・低脂質 。カロリーを抑えてタンパク質を増やすことで、余分な体脂肪のみを上手にカットし素敵な体型になれます。

とはいえ、全部自炊で高タンパク・低脂質を実現するのは大変です。

コスパよくダイエットできる外食メニューがあると便利ですよね。

ということで外食減量メニューをご紹介するシリーズ第一弾。今回はすき家の『鉄火丼』 についてです。

すき家の鉄火丼は減量期に最高のダイエットメニュー

ダイエットに最適な痩せる栄養価!

カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
並盛
(店内メニュー)
545 kcal 32.3 g 2.3 g 98.8 g 643 mg
ごはん大盛
(店内メニュー)
687 kcal 34.7 g 2.8 g 131.0 g 744 mg
特盛(まぐろ切り身2倍ごはん大盛)
(店内メニュー)
794 kcal 58.8 g 3.2 g 131.7 g 1,036 mg

※アレルゲンなど不安な方は公式サイトを確認すれば安心です。

 

上記はすき家の鉄火丼の各サイズ栄養成分表です。

タンパク質32.3gに対し、脂質はなんと2.3g。

間違いなく高タンパク・低脂質 。優秀な成績です。

 

脂質が全然含まれていないので、量に対して低カロリーに抑えられています。

また高タンパク質の食事をとると、満腹感を得やすいだけでなく、代謝が上がり消費カロリーが上がります。

 

タンパク質が豊富なので、見た目よりもズッシリ「食べた感」があるのが嬉しいですね。

低脂質でカロリーを抑えつつ高タンパクで代謝をあげていくことで、空腹感に悩まされず痩せ体質に近づいていきます。

鉄火丼は味も間違いないです

すき家の鉄火丼はマグロの切り身が柔らかく、醤油を垂らして刻み海苔と食べると最高です。

備え付けのワサビがいい感じに鼻を抜けて美味しいです。

高タンパクを意識しようとすると、安さや量から鶏胸肉を取り入れがちですが、毎日食べてると飽きてしまうのがトレーニーあるある。

マグロの柔らかな食感は、普段鶏むねばかり食べて筋トレに励むトレーニーの味変にも最適です。

すき家は「美味くて」、「早くて」、「どこでもある」!

すきや店舗数

すき家は全国に1,939店舗あります(2018年時点)。

あなたの学校や職場の近くにもすき家があるのではないでしょうか。

通いやすいために減量メニューをリピートしやすく、また美味しくて提供が早いため、会社の昼休みなんかにも利用しやすいですね。

テイクアウトがあるのも嬉しいところです。

すき家「鉄火丼」のデメリット

他のメニューより若干コスト高め

並盛りの牛丼が350円程度なのに対し、鉄火丼は680円。

他のメニューよりもややコストがかかってしまうのがデメリットです。

外食でタンパク質を摂ろうとすると高くつくのが一般的ですが、牛丼チェーンも例外ではないようです。

 

なお、上記画像の「とりそぼろ丼」も高タンパクメニューです。

鉄火丼ほどではないものの、低脂質・高タンパク。コストも安く抑えられるのでこちらも選択肢としてありですね。

鉄火丼は、糖質制限ダイエッターには不向き

糖質制限系のダイエットに励んでいるか方には、ご飯の糖質がネックになります。

糖質制限でダイエットを進めている方には、同じ牛丼チェーンでいうと、吉野家の『ライザップ牛サラダ』がおすすめです。

こちらはご飯の代わりに野菜を取れるため、鉄火丼に比べるとかなり糖質を抑えることができます。

すき家の鉄火丼でダイエット まとめ

美味しくて高タンパク・低脂質 。680円。

見た目よりも満足感もあり、減量期の外食メニューとしては結構優秀なのではないかと思います。

理想はエネルギー消費の多いランチに摂取し、夕方くらいにかけて活動やトレーニングできると、代謝も上がり痩せやすい身体になっていくはずです。

外食の減量メニューでお悩身の方は、すき家の鉄火丼を取り入れつつダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。

これからも高タンパク・低脂質なメニューを発見したらシェアしていきたいと思います。

今回はここまで。お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です