VSNotesをGit連携してプッシュ可能にするまでの手順【簡単です】

vscode

こんにちは。たなか(@tanaka_ricecake)です。

日々の作業ログをVisual Studio Codeの拡張機能、『VSNotes』で記録しています。

拡張機能『VSNotes』は日々の作業ログを記録するのに最高です【Visual Studio Code】

VSNotesで作成したデイリーログをgithubにプッシュしたいなと思い、手順を調査しましたのでシェアしたいと思います。

Githubにプッシュ用のリポジトリを作成

GitHub-logo

(Githubアカウントの作成が前提です)

[Create a new repository]からVSNotesを保存するためのリポジトリを作成しておきます。

 

Create_a_New_Repository

2019年から、GithubもPrivateリポジトリの作成が無制限になりました(ありがてえ!)

今回はざっくばらんに書く作業ログ、誰に見せるわけでもないので公開タイプは「Private」を選択です。

Visual Studio Codeからターミナル操作

vscode

 

VSCodeに映ります。

 

タスクバーから[ターミナル]=>[新しいターミナル]を起動。

VSNoteディレクトリまでcdで移動します。

移動できたら以下の順でコマンドを入力していきます。

 

$ git init
$ git commit -m "first commit"
$ git remote add origin [先ほど作ったGithubリポジトリのURL]
$ git push -u origin master

 

先ほど作成したGithubリポジトリを確認すると……

 

github_daily_log

 

無事にPUSHされています!やったぜ!

 

その後はGUI操作可能

 

一度ターミナルからプッシュ先を指定してやれば、あとはVisual Studio CodeからGUI操作でプッシュできるようになります。

 

VSCode左側のgitボタンをクリック。

gitボタン

 

ファイルの変更があれば差分が表示されます。

ファイル名横の+ボタンで変更をステージングします(複数選択可)

 

 

ステージングできたら、チェックボタンからコミットできます。

また、[…]をクリックすることでプッシュをはじめ、git操作が可能です。

 

ぷっしゅ

 

チェックボタンでコミット後、[プッシュ]を選択。

無事にリモートに反映されました!やったね!

まとめ

vscode

 

今回はVSCodeをGit管理するまでの手順についてご紹介しました。

gitに苦手意識ありましたが、割と簡単にできてよかったです。

ガンガン作業ログを更新して、プログラミング強強おじさん目指して頑張ります!

今回はここまで。

 

関連記事

拡張機能『VSNotes』は日々の作業ログを記録するのに最高です【Visual Studio Code】

参考サイト

https://qiita.com/mnao305/items/b3c5f5943066a0bb8e2e

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です