【Rails】validatesエラー時にrenderしてもエラーメッセージが表示されない!

ruby-on-rails

こんにちは。たなか(@tanaka_ricecake)です。

Ruby on RailsでWebアプリケーションサービスの開発をしています。

開発中にvalidatesエラーでrenderするも、renderした画面でエラーメッセージが表示されないという問題に陥りました。

今回その原因と解決方法についてご紹介します。

validatesエラー時にrenderしてもエラーメッセージが表示されない!

作りはまあシンプルで、user_controllerのcreateアクションに成功した時と失敗した時の処理を書いていました。

 def create
    @user = User.new(user_params)

    respond_to do |format|
      if @user.save
        format.html { redirect_to top_path }
      else
        format.html { render 'setting' }
      end
    end
  end

ユーザーmodelでは、名前の未入力バリデーションを記述していました。

class User < ApplicationRecord
  validates :first_name, presence: true
  validates :last_name, presence: true
end

ユーザーが名前を未入力でsubmitした場合、バリデーションが走りエラーを返します。

byebugで止めながら処理を見ていきましたが、createアクションでは正常にelseに入っています。

render先のviewでは以下のような処理を書いていました。

  <% if @user.errors.any? %>
       <p>エラーです!!!!!!!</p>
  <% end %>

ターミナルから確認しエラーであることも確認しました。

(byebug) @user.errors.any?
true
(byebug)  @user.errors.full_messages
["Password can't be blank"]

ビューまでエラーが伝わっており、条件に合致しているにも関わらずエラーメッセージが表示されません。

なんでじゃ!!

validatesエラー時にrenderしてもエラーメッセージが表示されない! 解決方法

local: true をつける!

ユーザーのnameをsubmitする画面をform_withで作成していました。

<%= form_with model: @user do |f| %>
    <%= f.text_field :last_name,  placeholder: "苗字" %>
    <%= f.text_field :first_name,  placeholder: "名前" %>
<% end %>

form_withはデフォルトでremote: trueになっています。これがエラーメッセージ表示を阻害する原因でした。

Ajaxで処理をしたいわけではないので、明示的にlocal: trueを記述します。

<%= form_with model: @user, local: true do |f| %>
    <%= f.text_field :last_name,  placeholder: "苗字" %>
    <%= f.text_field :first_name,  placeholder: "名前" %>
<% end %>

form_withで作成した入力フォームにlocal: trueを記述した状態で、改めてsubmitします。

先ほど通りvalidateで弾かれて、エラーを抱えた状態で正常に条件分岐して、ビューまでたどり着き……

エラーメッセージ表示成功

じゃん!

無事にrender先でバリデーションエラー時のメッセージを表示することができました!よかった〜〜!

validatesエラー時にrenderしてもエラーメッセージが表示されない! まとめ

ruby-on-rails

ということで今回はRuby on Railsで、バリデーションエラー時にrenderした先でエラーメッセージが表示されない問題の解消方法についてご紹介しました。

たなか

エラーは検知できていて…条件にも合致しているのに何で表示されないんだ!?

といった具合で久々にやられましたねRailsに。form_withにまだ慣れていなくて結構苦戦してしまいました。

Railsのバージョンアップとともに便利になっていくメソッドたちですが、それが果たしてどういった処理をしているのかちゃんと紐解いてやらねばなりませんね。

同じようにバリデーションは効いているのにrender時にエラーメッセージが表示されなくてお困りの方の、参考になれば幸いです。

今回はここまで。

参考サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です