【Cloud9】作業環境が消えた……という時に確認したい項目【AWS】

cloud9-logo

 

こんにちは。たなかです。

Rails Tutorialを初めてからCloud9を触る機会が増えました。

先日、学習の続きをしようと思ってAWSにログインしましたところ……

環境がない!

 

あれーーーーー!!??

作った「sample_app」やら「rails-tutorial」のリポジトリがなくなってるーーー!!

確認すべき項目

①ルートユーザーでログインしているか

普通にrails tutorialやってるだけでしたらここは気にしなくてもOKかもですが、私の場合はお仕事の方でもAWSを利用しているのでIAMユーザーでログインしてしまってる可能性がありました。

AWSでは「IAMユーザー」というルートユーザーによって作成された子ユーザーがあります。

ルートユーザーか

もしかしたらパスを間違えてIAMユーザーとして入ってるかも?と思いましたが、確認してもRails Tutorial用に作成した新規アカウントでサインインできているようでした。

②リージョンは正しいか

えー…じゃあ何で消えちゃったのーー?と放心していると、ふとあることに気づきました。

環境がない!

む…?

オハイオ

オハイオ?????

わたしは確かリージョンを東京に選択していたような……

リージョン選択

プルダウンから[アジアパシフィック(東京)]を選択すると……

見つかった!

うおおおおおおお!見つかったーーーー!よかったー!!!

まとめ

cloud9-logo

自分が何者かを再確認する

リージョンは、データセンターが設置されている独立したエリアで、ざっくり言うとサーバーが置いてある場所のこと。

リージョンごとにリポジトリ管理も独立しちゃってるので、そりゃオハイオサーバーにわたしの作業リポジトリはないよねってことだったみたいです。

わたしを含め初学者はこういう環境周りのちょっとした躓きに何かと時間をとられがち……。

どんどん共有して同じお悩みを抱える方への助力になれば幸いです。

今回はここまで。

参考サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です