【魚とん@小川町】トロットロのチャーシューと極太平打ち麺の魚介つけ麺!

こんにちは。たなかです。 今回は食レポ記事。

神田 小川町のとろ肉つけ麺「魚とん」さんにお邪魔してきましたのでシェアします。

お店について

アクセス

 

東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B6出口1分
都営新宿線「小川町駅」B6出口1分
東京メトロ丸の内線「淡路町駅」
JR中央線「御茶ノ水駅」

小川町駅から142m

※食べログより引用

最寄り駅は小川町。エクセシオールカフェ角を大手町方面に進んですぐのところです。

店内

約10席。やや小さめの店内です。

外の券売機で食券を購入したら入店し、美人店主(シュッとした外人女性だった)に券の受け渡しです。

「麺の方、”中太麺”か”平打ち麺”かどちらにいたしますか??」

ちょっとカタコトな感じで質問されます。
(隣に座ってたおじさんは聞き取れてなかったです)

今回は平打ち麺にしてみました。珍しいですよね平打ち麺。

待ってる間に店内確認。 カウンターの下に荷物置くスペースあります。ティッシュも完備。嬉しいね。

カウンター上のウォータージャグから水をセルフサービスです。

外はカンカン照りの猛暑日。乾いた喉を潤します。 待つこと15分。着丼です。

とろ肉つけ麺 大盛り 900円

 

「え、”きしめん”ですやん?」

おもおおおおおいはやさしいきしめえええええええええええええええええん!!!!!!!

といったくらい太っっっとい平打ち麺。

掛け布団みたいに乗っかった薄めのチャーシュー。なかなかのインパクトです。 期待いっぱいです。いただきます。

 

まずチャーシューですが、トロッっっっトロです。

看板の「とろ肉」の呼び名は伊達じゃないです。 唇でも噛み切れます。そのくらい柔らかふわとろチャーシュー。すげえ。

 

豚のバラ肉を長時間じっくり煮、余分な脂を落としてさらに二日間熟成させ、 タンパク質コラーゲンをしっかり残したとろ肉をお出ししております

(※公式HPより)

薄めにスライスされているのもあって麺と一緒につけダレに入れても相性バツグンでめちゃくちゃ食べやすいです。

 

次につけダレ

よくある魚介豚骨風味のカツオ節、煮干しの効いたやつですが非常に濃厚です。

軽くとろみすらあるつけダレにもチャーシューのカケラがゴロゴロ入ってます。肉食系にはたまらないんじゃねえのこれ???

きしめんじゃねえか!とビックリした平打ち麺ですが、濃厚魚介つけダレにあり得ない程合う。

さすがにこれほど太い平打ち麺は初めてでしたが、これでもかってくらいスープを絡みつけます。  

まとめ 感想

めっっちゃ美味い。全部美味い。出ましたねシンプルな感想が。

外に出てる看板が色あせてて大丈夫か?って感じですが、肝心の味は抜群です。

提供速度は若干遅いと感じたものの、目を瞑れるレベルです。
とにかく「トロッと柔らかいチャーシューが好き!」って人は一見の価値ありかと思います。

リピートありです。また行くと思います。

食べログみると「とろ肉カレーつけ麺」もおすすめらしいので、今度はそっち食べてみよっかな。

神田だしカレーのレベルも高そうだ。期待大。

おわり。

追記、カレーつけ麺も食べてきました

後日、また来店する機会があったのでとろ肉カレーつけ麺も食べてきました!

か、辛い!!!

思ってた8倍くらいスパイシー!私が辛いの苦手というのを差し引いても辛い!
これはカレーの街神田も納得の味になっているんじゃないですか?

とろみのあるルー風味のつけダレに麺が絡むホットな組み合わせ。
辛いの好きな方はぜひチャレンジしてみてください。

関連サイト

  • とろ肉つけ麺 魚とん 公式HP → こちら
  • とろ肉つけ麺 魚とん 食べログ → こちら

スポンサードリンク