扁壺(へんこ) とは一体何なのか?

扁壺

結論からお伝えすると。「変更」のタイポ(誤字)です。

扁壺変換候補

キーボードで「変更」の打鍵中、「u」を打ち損ねて変換を早まってしまったのでしょうか。

厳つい字面に対して非常に可愛いミスですね。

私を含め、エンジニア業などではよく「変更」という文言を利用しますが、彼らは非常に素早くタイピングします。

その中で誤変換に気づかず、へんこ => 扁壺 と意味のわからない文章を生み出してしまうのですね。

扁壺(本当の意味)とは

ちなみに「扁壺」の本来の意味は一体何なのか調べてみました。

中国東周頃に現れた古銅器の一種。胴を扁平につくった壺で,台をつけ,両肩には取手がある。唐代には陶製品もある。なお,日本の古墳時代須恵器にみられる提瓶,その他この種の類品をも扁壺と呼ぶ場合がある。

コトバンクより引用

なるほど中国の古い壺の名称だそうですね。

「扁壺」で画像検索すると以下の壺が最初に上がってきました。

上記の画像は根津美術館に展示されている『扁壺』だそうです。

キーボードでの誤変換から当ブログにお越しのみなさま、こちらが本物の「扁壺」です。ご確認お願いいたします。

『扁壺』とは一体何なのか? まとめ

扁壺

「変更」を「扁壺」と間違える人はどのくらいいるのか?

ということで今回は完全にネタ記事でした。すみません。

わたし自身、「変更」=>「扁壺」は、割と頻発してしまうタイポで、本記事の作成を思いつきました。

上長からの指摘に「この箇所扁壺ですね」とあって、

たなか

扁壺??? IT用語か???

と、かなり混乱した末に、めちゃくちゃしょうもうないオチだと発覚した、という記憶があります。

同じように「扁壺って何を言っているんだ?」となった方がこの記事に集まらないかなーと密かに期待しつつ、アクセスを観察してみようかなと思います。

短いですが、今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です