【KONTAKT】ELECTRI6ITYをCubaseにインストールするときにハマったエラーと解決方法

こんにちは。たなか(@tanaka_ricecake)です。

私、趣味で音楽作ったりするんですけど、先日憧れのギター音源『ELECTRI6ITY』を購入したんです。

大学の頃から欲しくて、でも5万円くらいするんでずっと”欲しい物リスト”に入れっぱなしだったんですけど、先日ついにDL版を買っちゃいました。

ところがCubaseにインストールするところで結構派手にエラーで詰まったしまったので、備忘録的にメモしておきます。

ELECTRI6ITYをCubaseにインストールするときにハマったエラー

① no library found

no library found

[add Library]からライブラリを選択しているのに、上記のエラーポップアップが表示されてしまいました。

たなか

初めてのKONTAKT製品導入。マニュアル通りに進めてきたのに……。

色々弄ってみるも、どうにもならず……。

ググってみて、以下の動画に出会えたことでエラーを解消できました。

no library foundで怒られた時

no library foundの解消方法 『Kontakt library maker』

こちら⇒ https://www.sendspace.com/file/56dcmt

上記のページから[nicntファイル]とかいう聞いたことのない拡張子のファイルを作成し、音源のディレクトリにD&DすればOKです。

なんだよこの裏技的な解決方法。正規ルートでは解消できないのかよと。困惑しつつも進めます。

② This patch is encrypted and cannot be loaded

This patch is encrypted and cannot be loaded

(゚Д゚)ハァ?

一難去ってまた一難。ぶっちゃけありえないです。

えー何いってるかわからないよーと思いつつ、エラー内容で調査してみると、これはシンプルに音源のアクティベートが出来ていないことが原因でした。

前半のてんやわんやで、大事なことが抜けてましたね。

インストールしたKONTAKT5を起動し、ELECTRI6ITY右上の[activate]をクリック。

ブラウザが立ち上がってservice centerからアクティベーションコードの入力ができます。

ELECTRI6ITYをCubaseにインストールするときにハマったエラーと解決方法 まとめ

たなか

いやあマジで焦りました

なにせ5万円のダウンロードパッケージですから。インストールするだけで、エラー詰まって使えませんでしたは笑えないわけで。

KONTAKT製品は導入が複雑で混乱しがちらしいと噂には聞いていましたが、マニュアルがマジでざっくりしていて、終始何言ってんの?といった感じでした。

言う通りにしてもエラー起こるし、日本語リファレンス少なめなので、エラー内容をYoutubeで調べてオペレーションだけマネするとかしてた方が早く解決すると思います。

同じとこでハマっている誰かの救いになりますように…。

短いですが、今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です