[ Ionic ] -bash: ionic: command not found でIonicコマンドが通らない

ionic-logo

こんにちは。たなかです。

普段はIonic Frameworkを使ったモバイルアプリ開発をしたりしなかったりしてます。

先日、作業に使っているMacbookを変更した際に、以下のような症状で詰まってしまったので、備忘録的にメモしておきます。

症状  

プラットフォーム作成時に以下のエラーが出ました。

-bash: ionic: command not found
Ionicコマンドが見つからないって言ってますね。

もともとIonicが入っているPCなはずですが、バージョンが古かったりして上手く動いてないのかなと考え、Ionicの入れ直しをすることにしました。

解決方法

Node.jsの確認

JSのパッケージ管理をしてくれるNode.jsの状態を確認します。Ionic開発に必要です。

node -v
MacBook:xxx tanaka$ node -v
v6.12.0

古い気がするので、Node.js公式を確認。

推奨板は10.15.3(2019年5月時点)。だいぶ遅れちゃってるっすね。

推奨板をDLして、インストーラに従い実行。

MacBook:xxx tanaka$ node -v
v10.15.3

バージョンがアップデートされたことを確認しました。

 Ionic CLIのインストール

MacBook:xxx tanaka$ sudo npm install ionic cordova -g

上記コマンドでインストールが始まります。

 

/usr/local/bin/cordova -> /usr/local/lib/node_modules/cordova/bin/cordova
/usr/local/bin/ionic -> /usr/local/lib/node_modules/ionic/bin/ionic
+ ionic@4.12.0
+ cordova@9.0.0
added 718 packages from 390 contributors in 60.126s

インストール完了。ionic -vで確認しましょう。

 

   _             _
  (_) ___  _ __ (_) ___
  | |/ _ \| '_ \| |/ __|
  | | (_) | | | | | (__
  |_|\___/|_| |_|_|\___|  CLI 4.12.0

AAとCLIバージョンが表示されればOK。

 

無事にプラットフォーム操作が可能になりました。

Ionic CLIがうまくインストールできない場合

 

Node、もしくはIonicCLIのバージョンが古いと正常に動作しない場合があります。

 

その場合は以下のコマンドを試してみましょう。

$sudo npm update -g npm
$sudo npm update -g

一行目でnpmの更新、二行目でnpmに入っているパッケージの更新ができます。お試しください。

まとめ

ionic-logo


Ionic開発環境は一度導入してしまえばいいので、こういう初歩的なところって意外と忘れがちですよね。

同じ症状でにっちもさっちもいかなくなってるビギナーさんの助力になったら嬉しいです。

Node.jsとかも別に意識して開発できてるわけじゃないし、この辺も勉強しないとっすね。

今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です