Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tanaka0321/tanarizm.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293

【お笑い芸人】テラスハウス アロハ ステート 山チャンネル Vol.1【書き起こし】

どーも、皆さん(お辞儀)

山里亮太は山チャンネル、ハワイ編が始まりましたー!ねえ。

ちょっとね、ハワイ編ということでやっぱあの「アロハ」的なことを言おうと思ったんですけど、ちょっとその勇気が足りなかったんですけど、

手だけはずっと「アロハ」になっていたんですけどね。
(親指と小指だけ立てる)

これをね、上げる勇気がなかったんですよねー。
そこまで浮かれるのもどうかなってのがあったんで。

でも手のここだけちょっとアロハになっていたのだけお伝えしたいと思うんですけど。

あのー、私いまホントに、みなさんにこうやって「山チャンネル」という形でね、お会いできて本っ当に嬉しく思ってます。

それは何故かというと、もう山チャンネルはおろか僕はもう、「テラスハウスから降ろされるんじゃないかな」、ネットフリックスもう一生関われないんじゃないかな」と実は思ってたんです。

というのもハワイ編、私たちね始まるということで、ハワイの方にまあ行かせてもらいました。ねえ。ありがたいことでございます。

で、行ってで、ちょっとした収録をさせてもらって、収録終わりに打ち上げパーティーみたいのが開かれたんです。

そこで私あの、ハワイに楽しい仲間と行ってる、そしてこの後もうただ浮かれることしか待っていないと思った瞬間、ちょっとお酒の方が進みましてですね、ネットフリックスJapanの人のスピーチの途中に入ってですね、肩を組んで、「もう少しまとめて喋れねえか?」という風に言ってしまってですね、「あ、終わったなぁ」と思ったんですけど、こうして皆さんに会えるということは、どうやらああいう感じで絡まれることを待ってたみたいなんですね。

ジュリアン。ねえ。
あの時俺イイ絡みしたから、こんなものを作っていただきまして。
(山チャンネルのネオンオブジェ)

これ見てください。山チャンネルということでございまして。

前のインザシティの時は結構もう、最後の方はドロドロになりましたけどもね。えー。

そのくらいのことがこのハワイ編で起こるのかどうか。これ楽しみにしてる方も多いと思います。

なにかね、私ね、ぷーんとちょっとずつ香ってきてるんですよ。

「あ、これ多分俺の嫌いなやつがいっぱい集まってる回だ」っていま思い始めてますね。第一話ですからね。

 

 

まず一番うれしかったのがですね、鮎澤先生。

あのー、皆さんね薄っすら思ってたと思うんです。
ちょっとこのね、第一話始まって登場したとき、初めてこういう世界に入ってきたあの瞬間の立ち振る舞いでプーンと漂ってきたあの香り、

そう、童貞臭。

皆さん感じたでしょう?
その鼻、正しかったんです。
鮎澤先生、童貞でした。ありがとうございます。

鮎澤先生ですね、年齢=彼女いない歴というですね、完璧なスペックをもってですね、このテラスハウスに挑んできた。
僕はずっと待ってたんですよ。

そういうガッチガチの童貞がね、このテラスハウスに来た時のこの動きってのは僕は一番見たかったんです。ね。

で彼に期待しているのは、まあもちろん「才能で女の子を落とすことが出来るのか」これはまあ第一テーマですよね。

前回のシリーズで、あのまあお笑い芸人さんが入ってきて、まあそれは成しえなかったんです。

でも今回、彼だったら任せられるかなと思った……ルックスはもう皆さんご存知の通りね、灰汁を抜いたインパルス堤下と言われておりましたけど、この堤下さんの嫌な部分を全部とった状態みたいな感じって皆さんそう思っているみたいなんですけど、まあルックスは決して良くはないです。

でも、「ウクレレ」という才能、この武器でどれだけイイ女をゲットできるか。

だって対戦相手はイイ女ばっかりですから。

どれ落したって、「あ、才能ってのは何もかもを凌駕するんだな」ってのが分かる。

そういう大事な使命を一個背負ってるんです鮎澤くん。

しかし、僕がテラスハウスで一番見たかったのは、この女性と共同生活する童貞の行動、これが一番見たかったんです。

 

まあ今凄く温度差は出てますけども(スタジオと)

何故か。ずっと昔から言ってました。

絶対に俺がテラスハウスに入ったらアレしたい、これしたいってことを、童貞は絶対してくれると思うんです。

もし許してくれるならカメラさん、このシーンを撮ってくれたら私もうこれ以降ギャラなんていりませんっていうシーンがあるんです。

鮎澤くんが、湯舟を飲むシーン。

これをぜひ捉えてほしい。

 

ただね、今回ねすごく良いお家でね、お風呂が3つあるっていうんですよ。

この3つをどういう分け方するかなんですね。
これは女子風呂、これは男子風呂っていう風な分け方はしないでください。

そうするとその奇跡は起きないんですよ。

いつ誰ががどこの風呂に入るかわかんない。

で、こう鮎澤くんがバスタブにね全然、何の気なしに「ここにひょっとしてあの子が入ったかもしれない」「いやそういう目で見ちゃいけない。それはダメだ。ウクレレのことを考えて」「やばいやばいちょっと待って。俺のウクレレが硬くなってきた」「どうしよどうしよ。ダメだ、ダメだ今俺がこのウクレレをはじくように弾いてしまったら、俺は住人として最低だ」と頭を振りながら一生懸命Aマイナーだなんでって言って抑えて抑えて「よし、よし」といって湯舟をこう見た時に「何?この毛?」みたいのが入っていて、「ちょっと待ってこの前に入ってたの誰だろう?」みたいな感じで、「カメラとかお風呂ないかー」っていう時に、こう手でチュルッっとこう。

イタリアンの職人がパスタの硬さ確かめる感じでチュッっとこう。

もしくはよ。

もう一歩行くんだったら、ダシの効いた方じゃなくて、ダシの方行くかどうかなんですよね。

それを一本取り上げて……チュルッっという。

 

それが撮れたら私一切いりません。ギャラなんて。

 

俺が今回一番狙っている風呂の水はローレンですね。
ローレンの風呂の水はやっぱり狙いますよねやっぱ。

ちょっとねー、そこらへん……

 

……本当にこれを見て、ネットフリックスの人たちは笑ってくれているんでしょうか??

 

まあねえ、ただもうね、ウクレレも披露しましたからね。

ちょっとでも僕は澁澤あたりが、チラチラ出している鮎澤君を下に見ている感じ、それがね、ちょっとねえ「あー、こいつらちょっといやーな感じじゃないかな」っていうのがちょっとあるんですよね。

それはみんなでお買い物行ったときに、いつの間にか鮎澤君がカート押してたんですよ。
それで皆キャッキャッキャッキャしてたやつ。

あれは、みなさん大人たちは言うんですよ。

「あー、あういうのってついつい任せちゃう、そういう人っているよね。結果そういう優しい人っているよね」って。

いやあれは違うんす。下に見てるんですよ。

 

そこら辺見つけ次第、ロックオンして、喉、噛みちぎってやろうと思ってますんで。

 

まあ今のところまだ澁澤もちょっと、距離感がまだあるからそういうの出してませんけど、もし澁澤が童貞をいじるような感じになったら、俺もう容赦しないっすよ。止まれないっすよ。ただの悪口のYouTubeになりますからね。

 

あとね、フランク・奈緒美・ロレインさんがね、角度によってはベッキーにそっくりで皆がちょっとザワっとするってのがあるんですよね。

あの、奈緒美さんでねアタシちょっと気になったところがあるんです。

 

あれはきっとドスケベですよ。みなさん。

俺はねえわかったんですよねえ。あれはとんでもねえスケベな女なんですよ。

 

っていうのは、好きなタイプで一番最初に言ったのは何か、「ガタイがいい」「男らしい」ここらへんでもうイケイケの男が好きな感じ出てるんですよ。

で、「優しい」っていう当たり障りないとこでいって、「あ、なんか私そういう容姿とかばかり言ってるビッチ感出ちゃってたらどうしよ」と思って修正しようとして「綺麗好き」を足したあたりね。

弱い弱い弱い。オブラートが薄い薄い。っつってね。

蒸せるような男好きが伝わってきてるよ奈緒美っていうね。

 

だからそこら辺がガツっと出てくれるとこれから楽しくなるんじゃないかなっと思ってますけどもね。

ちょっとハワイ編私あのちょっとやっぱハワイの景色ああいうのにちょっと癒されてあんまり毒気がないかもしれないですけども、これからいろいろ見つけてね戦っていこうと思うんで。

なんかちょっとそういうね。
スクールカーストのトップのやつがはしゃいでいるのばっか見るの僕嫌なんで。

この底辺がこいつらを駆逐するところとかこの上のやつが下バカにしてるところ見つけ次第、今回戦っていこうと思うんで。

僕の戦いの歴史、ちょっと始まりそうな気がしてます。

本日はここまでです。またお会いしましょう。

スポンサードリンク