【お笑い芸人】南海キャンディーズ:山ちゃんの結婚式【ネタ書き起こし】

M-1グランプリ2017、3回戦から南海キャンディーズのネタを文字で書き起こしました。  

南海キャンディーズ 山ちゃんの結婚式

手を上げて二人登場

山里:「どーもー! 南海キャンディーズでーす!」

しず:「バーン!!(銃のポーズで観客を撃つ)」

山里:「いやぁねえ、セクシー過ぎてごめんなさいねー。」

しず:「こんばんは。剛力彩芽です。」

山里:「本物よりこっちのが「剛力」感はあるんだけどね。」

しず:「山ちゃん。」

山里:「どした?」

しず:「ボッコボコにしてもいい?」

山里:「ハハハ、もちろんだけど答えはノーだ。どうした?」

しず:「あ、ちょっと言葉が足らんかったわ。 私な、山ちゃんの結婚式で、司会をやりたいねん。」

山里:「うん。言葉足らないの次元を超えてるねえ? 違う話だもん。」

しず:「司会進行プラン考えてきてるから、ちょっとやってみていい?」

山里:「練習しておこう。 じゃあ、その代わり相手は、石原さとみちゃんで。」

しず:「フッww、クズが。」

山里:「ハハッ! これかぁ!あの有名な「ストレス」って! 頼むよぅ。妄想くらい自由じゃない。」

しず:「新郎の亮太さん、新婦のさとみさん、ご結婚おめでとうございます。 ……せっかくですので、「朝の新郎」風に挨拶をさせていただきます。」

山里:「「朝の俺」風?」

しず:「ぉぉぉおぉぉめでとぉぉぉうございまぁぁぁぁす! それでは早速ぅぅ、祝電っスぅぅぅぅ!!」

山里:「やめてくれるかな。 祝電はちゃんと読んで。祝電は。」

しず:「(手紙を開く動作) 新郎の亮太さん、新婦のさとみさん、ご結婚おめでとうございます。 夫婦円満の秘訣は、お互いを信じることです。 相手を疑うことなく、幸せな家庭を築いていってください。」

山里:「ありがとうございます。(お辞儀) ……誰から?」

しず:「松居一代様からでした。」

山里:「説得力ゼロ!!」

しず:「松居様からは動画によるメッセージも——」

山里:「——やめて!やめとけ! 絶対とんでもないことになるんだから! 次!」

しず:「(手紙を開く動作) 亮太さん、さとみさん、ご結婚おめでとうございます。 私の様に旦那一筋で、幸せな家庭を築いていってください。」

山里:「ありがとうございます。(お辞儀) ……誰から?」

しず:「斉藤由貴様からでした。」

山里:「説得力ゼロ!!」

しず:「斎藤様からはパンツによるメッセージも——」

山里:「——なんだそれは! 何であの人はすぐにパンツの使い方を間違う!? ヤベェ奴ばっかだな! 次ちゃんとしたやつ頂戴。」

しず:「(手紙を開く動作) 亮太さん、さとみさん、ご結婚おめでとうございます。 今日は父親と一緒にそちらに行って、モノマネを披露したかったのですが、訳があって行くことが出来ません。」

山里:「暗雲立ち込めてきたよぉ? ……誰から?」

しず:「清水良太郎様からでした。」

山里:「ビンゴォォォ!! なんで悪人たちしかこないんだよ俺は」

しず:「追伸、今度新居でしゃぶしゃぶパーティでもやりましょう。」

山里:「今お前とそのコラボはヤバ過ぎる。 いいよここはもう、ほら、新郎新婦初めての共同作業。」

しず:「続いては、新郎新婦初めての共同作業です。 新郎新婦、ケーキの前へどうぞ。 新郎はナイフを手に取って、新婦を向かってくる敵から守り抜いてください。」

山里:「初めての体験。 (大きなナイフを構える)」

しず:「(両手を広げて山ちゃんを襲う) わぁぁぁぁ」

山里:「……これ誰ぇ!?」

しず:「私はあの男、船越を絶対に許さない——」

山里:「松居一代ぉぉぉぉ!!! (ナイフで切りつける動作)」

しず:「(一度怯んだあと、再び襲い掛かる。) (鼻っ面を持ち上げて変顔で山ちゃんに近づく)」

山里:「恐らく清水ぅぅ!!!」

しず:「(一度怯んだあと、再び襲い掛かる。) (鼻っ面を持ち上げて変顔で山ちゃんに近づく)」

しず:「この度は息子が——」

山里:「アキラの方ぅぅぅ!!! (ナイフで切りつける動作)」

しず:「(一度怯んだあと、再び襲い掛かる。) (急にシャドーボクシングを始める。)」

山里:「そして、何故ここで急に本格的なボクサーが!? ……誰!?」

しず:「山ちゃんをボッコボコにしたい私や!(殴りかかる)」

山里:「おかしいでしょそれは! 痛い!(倒れる)」

しず:「ご来賓の皆様、シャッターチャンスです。」

山里:「絶対違う! もういいよ。どうもありがとうございましたー。」

スポンサードリンク