エナジードリンクは飲み方によっては結構使えるんじゃないか?という話

レッドブルやモンスターエナジーに代表されるエナジードリンク。
最近ちょこちょこ飲むようになりました。

(なんかよくわかんないんけど、カフェイン?とかのせいで危ない飲み物なんじゃないの?)

と思ってましたが、100mlあたりのカフェイン量はコーヒーや紅茶とそんなに変わらないので、エナジードリンクが特別危ないってことはなさそうです。

実際どうなんだろうなーって健康効果調べたりしてるうちに、使い方によっては結構重宝するかもって思ったんでちょろっと記事書いてみます。

空腹感の消失

一回でもエナドリ飲んだ事ある人は、空腹感が抑えられるのを感じたんじゃないでしょうか?

カフェインが元々空腹感を抑える効果がある上に脂肪を燃焼させますし、アルギニンが成長ホルモンの分泌を促し、これも空腹感を抑える要因になるみたいです。

モンエナとか量もあるから(355ml)飲んだ後マジで何もいらなくなるんすよね。
「炭酸が入ってるから満腹感がある」って思ってましたけど

パレスチナのビルゼイト大学は、炭酸飲料の炭酸に着目したリサーチを実施。マウスに、水道水、ミネラルウォーター、炭酸飲料、低カロリーの無糖炭酸飲料を飲ませて体重の変化を観察したところ、炭酸入りを飲んでいたマウスは体重の増量ペースが速かったという結果が。
これは、空腹感をつかさどるグレリン
というホルモン値の上昇が原因と考えられるそう。
さらに、
20人の男性を対象に同様の実験を行ったところ、やはりグレリン値が高くなり、炭酸が体重増加や肥満のきっかけとなっている可能性がある、という見解に。
(引用元はこちら

こんな意見もあるみたいなんで、炭酸に関しての満腹効果は思ってたより微妙なのかも?

何にしても食欲をコントロールできるって結構アドバンテージじゃないですか?
初めて少食生活してみようって人や、シンプルに忙しくて食事とる時間を節約したい人には使えるアイテムな気がします。

少食生活の導入に

ダイエットでスリムに

少食や断食の導入期は消化に良いものや、プロテインが良いんじゃないかなと考えてましたし、今も基本的にそこはブレないのですが、エナジードリンクでサクっと「食べないモード」になるのも分かりやすくて良い気がしてきました。

「食べない」ということに慣れないんですよね。最初。
食べ物が体に入ってこない驚きとイライラを我慢しながら耐えるよりは、エナジードリンク一本入れてみて「お腹が空いてないから食べない」というメンタルに切り替えた方がナチュラルですし上手くいきやすそう。

ダイエット目的の少食ならもちろんエナジードリンクはゼロカロリーの物を選んで、チビチビ飲むようにしましょう。
結構いろんなメーカーからゼロカロリー、シュガーフリーのエナジードリンクが出てるみたい。
ラベルの違いを見比べて購入してみてください。

一方で身体や内臓のケアのための少食ならエナドリは微妙かもです。カフェインは肝臓に負担をかけがちですし、そういった目的なら「少なくて質の高い食事」を意識した方が効果的かと思います。

あくまで「食欲コントロールのために選択肢」の一つだと考えていただければと。
飲めば飲むほど良い健康食品とかってわけでは全然ないので。

まとめ

とまあ最近飲みがちなエナジードリンクについての記事でした。
なんとなーく身体に悪そうかなと敬遠していたエナジードリンクでしたが、適切に飲めば結構使えるのかなあという印象です。

ちなみにカフェインは短時間で大量に飲まないように注意しましょうね。
特に未成年や妊婦は影響出がちらしいです。健康な人でも1日3本以下にして、お昼以降は飲まない方が良いんじゃねえかな。睡眠に悪影響なので。

あとカフェインは摂り続けてると耐性ついちゃうので、週末は控えるなど休みを設けてあげましょうね。
当然個人差もあるので、様子をみながら利用してみましょう。

最後に身もふたもないこと言っちゃえば、エナドリがなくても少食生活は全然出来ますから。

基本は健康的な食生活から。今回はこの辺で。

スポンサードリンク