バナナマン

【お笑い芸人】バナナマン:誰にでも出来る宴会芸【ネタ書き起こし】

お笑いdynamite出演時の白組バナナマンのネタを文字で書き起こしました。

バナナマン 誰にでも出来る宴会芸

設楽:「 あのー、さ。 あの、最近さ、飲む席が多いじゃない。」

日村:「多いね。」

設楽:「 でー、なんかやるみたいのあるじゃない。 芸的なやつ。俺、全然ないんだよね。」

日村:「あーそう。」

設楽:「 なんか簡単なのでも出来りゃあさ、ちょっとこれなんかワッと出来んだけどさ。」

日村:「あー、簡単なやつね?モノマネとかは?」

設楽:「 俺モノマネとか全っ然出来ないんだよ。」

日村:「あーそう。教えてあげよっか?」

設楽:「 お、マジで?簡単なやつ?」

日村:「簡単なやつ。織田裕二は?」

設楽:「 織田裕二?」

日村:「織田裕二。」

設楽:「 あの「キター!」ってやつ?」

日村:「そうそうそう。」

設楽:「 あー俺もう全っ然無理だよ」

日村:「一回ちょっとやってみ。一回やってみ?」

設楽:「 いーや似てないんだって。モノマネとかダメなんだって。」

日村:「大丈夫大丈夫。だから一回、自分なりの織田裕二ちょっとやってみ。」

設楽:「 えー。ゲフンゲフン。「キター!」だよね?」

日村:「うん、「キター!」って。」

設楽:「 (一回深呼吸)……キターーーーーーッ!!!!!(素の笑顔)」

日村:「何それ何それ何それ。」

設楽:「 違う違う、出来ないんだよぉー!」

日村:「全然自分じゃんそれだって」

設楽:「 だって出来ないって言ってるじゃん。モノマネとかできないんだよ。」

日村:「だからもっとこう……”入れる”のよ。織田裕二を。入れるの。」

設楽:「 入れる?入れるって何?」

日村:「だからこう、織田裕二を身体にこう……入れる感じ?見ててじゃあ。こう、織田裕二を入れるの。」

設楽:「 もう、(織田裕二に)なる感じ?なる感じで?」

日村:「なる感じ。そうそうなる感じ。で、こう入れて、ね? ……いくよ?」

設楽:「 なる感じね。いいよ。」

日村:「…………(思いっきり屈んでから)……でゅぃぃあ”ああ”ああああ”あ”あ”あ”ああああああぁぁぁぁあああああああああああああああああああ”ああ↑あああああ↓あああああああああ”あ”ああ”!!!!!!!!!!!!!!!!!!!????あ”あ”あああああ”あ”あ”あ”あ”あああああああ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”ぃぃぃぃぃぃええええええええああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!”あ”あああああ”あ”あ”あ”あ”あああああ為ぇ”ぇ”ぇぇぇぇぇ!!!?!?!?!為ぇ”ぇ”ぇぇぇぇぇ!!!!??!為ぇ”ぇぇぇぇぇええ”ぇぇぇぇぇ!!!!??!!!!!!!!!  ……スッ(素に戻る)」

設楽:「 え? 化け物じゃんか。それ。」

日村:「化け物じゃねえよ織田裕二だよ。織田裕二。」

設楽:「 なにそれ、何。なんか言ってたの何?「ため?」「たね?」」

日村:「ああ、「ため」「ため」。為末の「為」。為末為末。為末選手の。為ぇ”ぇ”ぇぇぇぇぇ”オイぃぃ為ぇ”ぇ”ぇぇぇぇぇ!!!?!?!?!為ぇ”ぇ”ぇぇぇぇぇ!!!!??!為ぇ”ぇぇぇぇぇええ”ぇぇぇぇぇあ”あああああ”あ”あ”あ”あ”あああああ”あああああ”あ”あ”あ”あ”あああああ!!!!??!!!!!!!!! ……スッ(素に戻る)」

設楽:「 それ出来ないよー。」

日村:「マジで?音マネは?音マネ。」

設楽:「 え?」

日村:「音マネ。これすげえ簡単だから。」

設楽:「 音マネって?」

日村:「だから例えば、お屋敷の、でっかいドアあんじゃん。こういうでっかいドア。あれが閉まる音。あーいうやつ。」

設楽:「 あーあー(把握)出来る?」

日村:「いくよ?……ギィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!……ガチャンッ!(変顔)

設楽:「 いやいやあの。顔見ちゃう。顔見ちゃう。」

日村:「顔じゃない。音だからこれ!想像してもっと!想像して! いくよ?……ギィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!……ガチャンッ!(変顔)

設楽:「 顔見ちゃうよー。それは顔見ちゃうじゃん。」

日村:「顔見ちゃうじゃないよ」

設楽:「 それだって俺出来ないよー。それはー。全部、自分(日村)でやるやつじゃん。」

日村:「じゃあもう俺が教えれるの無いなぁ。ごめん。」

スポンサードリンク